So-net無料ブログ作成

2019.08.11 岐阜滋賀北陸旅2日目(1) 近江八幡 [国内旅行]

diary_190811001.jpg

旅2日目は滋賀県から。

朝7時半前に近江八幡駅に到着し、ここから旅スタートである。

駅の向こう側にあるイオンって、昔はマイカルだったよな。

自身3回目の近江八幡で、前回から3年ぶりある。


diary_190811002.jpg

7時半発の長命寺行きのバスに乗車。

目の前に八幡山が見え、中腹にロープウェイの駅が見えるが、9時にならないと上れないので、まずは終点の長命寺に向かう。

diary_190811003.jpg

近江八幡駅から20分ほどでバスの終点、長命寺に到着。

料金490円だが、お盆休み中に近江鉄道バスと湖国バスが乗り放題の乗車券1000円で乗った。

滋賀県滞在はこの日と翌日の2日間だけだったが、十分に元が取れた。お盆休み中にこの1枚で乗り放題とは近江鉄道も大盤振る舞いである。

diary_190811004.jpg

diary_190811005.jpg

バス停は長命寺となっていたが、バス停のそばにあるのは日吉神社。

長命寺へは脇の階段を上ることになる。

diary_190811006.jpg

階段を15分上り続けたところ。

車の場合、山門に近いところに駐車場があって、ここから歩くのが便利。

diary_190811007.jpg

日吉神社から17分ほどでやっと長命寺の山門に到着した。

朝8時を過ぎたばかりなのに、汗ダラダラである。麓からここまで階段は808段。ものすごく疲れるが、歩いて上ってご利益を得たいものである。

diary_190811008.jpg

diary_190811009.jpg

聖徳太子の時代の創建と言われるが、現存の建物は本堂が1524年など、室町時代以降のものである。西国三十三箇所霊場の31番目で、参拝する人が多い。

三重塔は1597年の再建。写真撮り逃がしてしまった。

diary_190811010.jpg

境内から琵琶湖を眺められる。

diary_190811011.jpg

長命寺の御朱印と御詠歌。

diary_190811012.jpg

15分弱で長命寺からバス停まで下りてきた。

ここから竹生島までの船が出ていて、島にある西国三十三箇所霊場・30番の宝厳寺から31番の長命寺をつなぐ便利なルートになっている。

宝厳寺は3年前に参拝しているので、今回はパスということで。

再びバスで近江八幡市内に戻る。

diary_190811013.jpg

長命寺のバス停から10分ほどの大杉町で下車。

diary_190811014.jpg

diary_190811015.jpg

バス停周辺は古い街並みが続く。

和風の建物のみならず、明治以降の洋風の建物もあちこちに見られる。

diary_190811016.jpg

日牟礼八幡宮の大きな鳥居をくぐる。

「とび太くん」があちこちで見られるのは、典型的な滋賀県の景色。

diary_190811017.jpg

diary_190811018.jpg

大きな神社の楼門を通り過ぎて、ロープウェイ乗り場へ。

ここから八幡山を目指す。

ロープウェイの料金はSuicaなどの交通系IC対応。さすが西武系列。

diary_190811019.jpg

近江八幡の市街地を後方右手に見ながら山頂に向かう。

diary_190811020.jpg

山麓から5分ほどで山頂の駅に到着。

ここから数分、城跡にできたお寺まで歩くことになるが、石垣も残っていて、城跡であることを感じさせる。

diary_190811021.jpg

diary_190811022.jpg

そして、城跡にできた村雲御所瑞龍寺に到着。

八幡山城は安土城がなくなった後の豊臣秀吉の時代に、甥の豊臣秀次が城主となって築かれたもの。秀次が切腹になって以降は廃城になって、1961年に京都から瑞龍寺が移転してきた。瑞龍寺は秀次の母で秀吉の姉が創建した日蓮宗の寺院である。

続100名城のスタンプは、ロープウェイの山頂駅に置かれているので、押すのを忘れずに。

diary_190811023.jpg

本堂の中は有料で見学できる。

堂内裏手に置かれていた関白秀次像。

diary_190811024.jpg

瑞龍寺の周りにはネコちゃんが数匹。

diary_190811025.jpg

八幡山の遊歩道をさらに進むと、琵琶湖を一望できるところに。

正面に長命寺のある山が見える。

diary_190811026.jpg

東の方角を見ると、このどこかに安土城の跡がある。

diary_190811027.jpg

diary_190811028.jpg

八幡山を一通り歩いて回って、ロープウェイで麓まで降りてきた。

最後に日牟禮八幡宮。

近江八幡という地名の由来となった由緒ある神社である。

diary_190811029.jpg

八幡堀は近江八幡の象徴的なもの。

今でも時代劇の撮影などで使われている。

数年前にも大阪の川に見立てて、びっくりぽんなドラマに使われたとか。

diary_190811030.jpg

瑞龍寺で御首題を書いていただいた。

diary_190811032.jpg

お城の御朱印や他の御朱印は、書置きの紙でいただいた。

他にもいくつか書置きのものがある。

diary_190811031.jpg

日牟禮八幡宮の御朱印。

 

この後、近江八幡から1駅の安土に向かいます。

 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。