So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2019.11.04 奈良京都旅4日目(4) 神泉苑から壬生寺まで [国内旅行]

diary_191104067.jpg


二条城を後にして、壬生方面に歩いて下ることにした。


まず最初に立ち寄ったのが、神泉苑。


diary_191104068.jpg


diary_191104069.jpg


diary_191104070.jpg


見た目、小さな神社集まりのように見えるのだが、神仏習合の影響を残した真言宗の寺院である。


平安京の大内裏に当たるところに位置していて、この辺りは禁苑(天皇のための庭園)で、池には龍神が住むと言われて、過去には空海らが雨乞いの儀式を行ったとされている場所である。


この池の北側に二条城があり、二条城造営の際に神泉苑の一部が二条城に取られてしまい、現在に至っている。


diary_191104071.jpg


diary_191104072.jpg


神泉苑では様々な御朱印をいただくことができ、今回はこれらをいただいた。


diary_191104073.jpg


さらに南下して、武信稲荷神社へ。


イベントが行われていたのか、機材を搬出しようとしていた人がいて、正面から撮ることができなかった。


diary_191104074.jpg


さほど大きくない神社だが、平清盛が広島の厳島神社から分けた榎の木があったり、坂本龍馬が京都滞在中に、「龍」と彫った木がある(今は跡を確認できない)など、伝説の残る神社である。


diary_191104075.jpg


また、一寸法師ゆかりの神社でもある。


ここには神社を創建した藤原氏の屋敷、学問所があり、一寸法師はストーリー上ではここの藤原氏に仕えるためにやってきたということになっている。


diary_191104076.jpg


武信稲荷神社の御朱印。


diary_191104077.jpg


さらに南下して、壬生の街に入ると、このように新選組に絡むお寺が存在する。


diary_191104078.jpg


新撰組の旗に誘われて入ったところは八木邸。


ここは隊員の宿泊所となっていたところで、解説員の話を聞くことができるが、この話が内容が濃いのだが、時間がかかるので、夕方で時間が足りない方は避けたほうがいい。


diary_191104079.jpg


diary_191104080.jpg


16時半にやっと壬生寺までたどり着いた。


991年に三井寺の僧によって創建されて小三井寺と呼ばれ、火災焼失をへて1259年に再興。


新撰組はここで1863年に結成され、ここには11人が境内の壬生塚に祀られているという。


時間がなくて、本堂に参拝して御朱印をいただいただけで失礼した。


diary_191104081.jpg


diary_191104082.jpg


diary_191104083.jpg


壬生寺でいただいた御朱印はこの3種類だけだった。


diary_191104084.jpg


diary_191104085.jpg


荷物を預けているホテルに戻る前に、ホテル近くのポケモンセンターへ。


京都らしいピカチュウである。


diary_191104086.jpg


17時半を過ぎると外は真っ暗で、京都で撮影した最後の景色は京都駅にて。


これで2年ぶりの京都を締めくくった。


 


京都は何度行っても回りきれない。


行く度に京都のどの辺りを中心に回るか考えないと、中途半端な旅になってしまう。


次回の京都はいつにしようか。少し考えながら今回の旅を締めくくった。


 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019.11.04 奈良京都旅4日目(3) 嵐山経由(車窓のみ)で御金神社・二条城 [国内旅行]

松尾大社前から1時間に1本だけある嵐山経由四条河原町行きのバスに乗車。

阪急嵐山線に沿って進み、阪急の駅の先は渡月橋を渡って嵐山に入る。

diary_191104052.jpg

diary_191104053.jpg

バスから見た渡月橋周辺の様子。

時間の都合で嵐山は今回は車窓だけとした。

嵐山の渡月橋をバスで渡った時の車窓を動画でどうぞ。

diary_191104054.jpg

バスの表示が紅葉バージョンになってるし。

diary_191104055.jpg

バスに40分近く乗って、二条城前で下車。

ただし、二条城には直接向かわずに、まずは近くの御金神社へ。

参拝待ちの列が外にまでできていて、警備員が付いているほどだった。

金色の鳥居だなんて、今年の夏に岐阜で見た金(こがね)神社以来である。

diary_191104056.jpg

境内は本当に狭いのだが、掛けてある絵馬が掛けきれないぐらい掛けてあって、金運の願掛けする人が多いこと。私も早く大金手にして住宅ローン完済したいというのがある。

diary_191104057.jpg

御金神社の御朱印は書置きの紙でいただいた。

金運にあやかりたい。

diary_191104058.jpg

そして、世界遺産の二条城へ。

diary_191104059.jpg

diary_191104060.jpg

1603年に徳川家康が上洛の際に宿泊する場所として建てたのが始まりで、以来江戸幕府の京都での拠点的な役割を果たし、15代将軍の徳川慶喜が大政奉還を表明したのもこの場所である。

二の丸御殿は現在も内部撮影禁止。

diary_191104061.jpg

diary_191104062.jpg

二の丸御殿の裏にある庭園もしっかりしている。日本各地で見られる小堀遠州によるもの。

diary_191104063.jpg

本丸の天守台から本丸御殿を見るが、今も修繕が行われている。

明治に入ってから、京都御所の北東部にあった桂宮御殿を移築したものだという。

庭園は元々は枯山水だったのが、明治天皇の行幸の際に現在の形に作り変えられたという。

diary_191104064.jpg

本丸の石垣はしっかりとした形をしている。奥の少し高いところが天守閣跡。

diary_191104065.jpg

二条城の北側の庭園は昭和の時代に整備されたところ。

diary_191104066.jpg

最後に休憩所で日本100名城のスタンプを押し、御城印を2種類購入して二条城を後にした。

 

この後、夕方の京都を二条城から壬生まで歩いて旅を締めくくります。

 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019.11.04 奈良京都旅4日目(2) 地蔵院・鈴虫寺・松尾大社 [国内旅行]

diary_191104022.jpg

梅宮大社から29番のバスが休日は1時間に1本しかないが、ちょうどいいタイミングで来たので乗車し、鈴虫寺入口で下車。


画像が多いですが、続きを見たい方はクリック


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019.11.04 奈良京都旅4日目(1) 梅宮大社 ネコと御朱印 [国内旅行]

diary_191104001.jpg

diary_191104002.jpg

旅4日目は終日京都で締めくくる。

8時過ぎに四条烏丸にあるホテルを出て、洛西バスターミナル行きのバスに乗って向かった先は梅宮大社。バス停も梅宮大社前。松尾橋行き、嵐山行きも通ります。


画像が多いですが、続きを見たい方はクリック


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019.11.03 奈良京都旅3日目(4) 京都・瑠璃光院夜の特別拝観 [国内旅行]

diary_191103086.jpg


橿原神宮前からの近鉄特急を丹波橋で乗り換えたところから、話を続けよう。


久しぶりに京阪特急に乗り、出町柳へ。


diary_191103087.jpg


出町柳で叡山電車に乗り換えて八瀬へ。


18時過ぎに乗ったが、日曜夜でも意外と空いている。夜間公開しているところがまだほとんどないから、こんなものだろうか。


diary_191103088.jpg


八瀬からケーブルカーに乗り換えて、比叡山の中腹まで。


diary_191103089.jpg


京都市街の夜景を見ながら、かわらけ投げ。


2年前に高雄のお寺でやった時は、そこそこ上手く飛んだけど、ここでは全然ダメ。


diary_191103090.jpg


ケーブルカーの駅近くの別の場所からも夜景を眺めて、20分後に再び麓に戻った。


diary_191103091.jpg


diary_191103092.jpg


diary_191103093.jpg


diary_191103094.jpg


ケーブルカーの麓の駅のそばにはもみじの小道がライトアップされていたが、まだまだ青紅葉の状態。


diary_191103095.jpg


そして、今夜のメインは夜間特別公開の瑠璃光院。


昼間も期間を限定でしか公開していなくて、夜間も特別。今回は、JR東海ツアーズの企画限定で、サイトでたまたま見つけたので申し込んで行ってみることにした。


diary_191103096.jpg


diary_191103097.jpg


diary_191103098.jpg


diary_191103099.jpg


diary_191103100.jpg


diary_191103101.jpg


元々は、京都電燈(京福電鉄の前身)を創業した田中源太郎の所有で、後に京都電燈の重役が所有して、その後は京福電鉄が所有して料亭として営業。


料亭が廃止となってからは、光明院が買収して、寺宝を移して寺院という扱いに。


三条実美ゆかりの茶室があったり、蒸し風呂がある他、苔が一面に広がった庭園もある。


庭園がライトアップされているが、11月の初頭はまだ紅葉していない。だが、この景色もまた良いと思う。この日は、オーボエの独演会も行われていて、庭園鑑賞に一花添えていた。


diary_191103102.jpg


瑠璃光院を所有する光明院は浄土真宗だが、御朱印は書置きの紙でいただけた。


diary_191103103.jpg


diary_191103104.jpg


所々ライトアップされた道を進んで叡山電車の八瀬駅へ。


diary_191103105.jpg


叡山電車で出町柳まで戻り、バスに乗り換えてホテルに向かって旅の3日目を終了した。


 


この瑠璃光院の夜間特別公開は今回、JR東海ツアーズで申し込んだ。


叡山電車の出町柳駅の改札で申し込み表を提示してチケットを引き取り、瑠璃光院の拝観だけでなく、叡山電車の出町柳から八瀬、ケーブルカーの八瀬から比叡までの往復までがセットになって7000円。


今回は紅葉には程遠い状態で、2-3週間経てば紅葉の庭園を鑑賞できたことだろう。


 


旅3日目はこれにて終了。


4日目も夕方まで京都市内を動いて回ります。


 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019.11.03 奈良京都旅3日目(3) 飛鳥めぐり 後半編 [国内旅行]

diary_191103055.jpg

石舞台古墳から坂道を下ると、古い街並みに入る。

岡寺前のバス停から話をスタート。


画像が多いですが、続きを見たい方はクリック


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019.11.03 奈良京都旅3日目(2) 飛鳥めぐり 前半編 [国内旅行]

diary_191103032.jpg


高取町の土佐街道で高取城のスタンプを押して、御城印を買った後、歩いて飛鳥方面へ。


この辺りはのどかな農村地帯。

画像が多いですが、続きを見たい方はクリック


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019.11.03 奈良京都旅3日目(1) 高取城・壺阪寺 [国内旅行]

diary_191103001.jpg


旅3日目。桜井の宿を8時前にチェックアウトして、近鉄電車で向かった先は壺阪山。


乗り換えの橿原神宮前で一旦改札を出てコインロッカーに荷物を預け、身軽になった状態で吉野線の電車で移動した。


朝8時台の吉野行き4両編成は席が全部埋まるぐらいの乗車率で、どこかの山にハイキングに行くかのような人たちばかりだった。

画像が多いですが、続きを見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019.11.02 奈良京都旅2日目(3) 大宇陀・宇陀松山城 [国内旅行]

diary_191102061.jpg

15時に桜井駅まで戻り15時13分発大宇陀行きのバスに乗り換える。

大宇陀へは近鉄電車で榛原まで行ってから乗り換えるのがメインコースで、桜井から出るルートは本数が少ない。正面に2台止まっているバスのうち、左側のバスが大宇陀行きになった。

diary_191102062.jpg

桜井駅から30分ほどで終点の大宇陀(おおうだ)に到着して下車。

せんとくんに迎えられた(笑)

diary_191102063.jpg

大宇陀のバス停前から宇陀松山城跡を眺める。

見た目さほど険しい山ではなさそうだ。

diary_191102064.jpg

バス停から少し歩いたところの古い建物・千軒舎。この通りはずっとこんな感じ。

ここに宇陀松山城の展示がされていて、続100名城のスタンプも押した。

diary_191102065.jpg

千軒舎の裏手から宇陀松山城への道が始まる。

ここの時点であと600m。杖もあります。

diary_191102066.jpg

城跡までの道は車が通れるぐらい整備されているが、一般の車は通れない。

diary_191102067.jpg

diary_191102068.jpg

車が通れるように整備されているのは城跡まで200mのところまで。

ここから山道を進む。

diary_191102069.jpg

本丸に近づき、空堀の跡が見られる。

diary_191102070.jpg

大木が倒されたまま。

去年の台風の爪痕が今も残されているということだろうか。

diary_191102071.jpg

麓から20分ほど歩いてやっと本丸に到着。

本当に何も残っていない。

天守の石垣も破却されたせいかボロボロである。

diary_191102072.jpg

かつての本丸はこんな感じだったらしい。

豊臣秀吉の時代に城の形が改修されて、イメージの形になったようだが、関ヶ原の合戦後に就いた福島氏が1615年に改易になった後は城は破却されて織田氏が領主の時代を経て幕府直轄領に。

diary_191102073.jpg

天守跡から本丸を眺める。

diary_191102074.jpg

本丸から北側を眺める。

周辺は山々に囲まれていて、遠くに見える市街は近鉄の榛原駅あたりだろうか。

diary_191102075.jpg

反対の南の方角を眺めても山しか見えない。

吉野、大台ケ原はこの方角だろうか。

diary_191102076.jpg

diary_191102077.jpg

日が暮れる前に麓の古い町並みに戻る。

古い街並み沿いに造り酒屋があったり、レストランがあったりして雰囲気が良かった。

後で気づいたのだが、千軒舎より北側の通りを歩いてなくて、進んだ先には宇陀松山城の城門にあたる黒門(西口関門)があったり、石垣が残っているところがあったりして、行き忘れたのを後悔している。

diary_191102078.jpg

17時過ぎに大宇陀バス停のある道の駅に戻った。

diary_191102079.jpg

道の駅で少し早い夕食。

宇陀産のキノコを使ったカレー。

ここでしか食べられないものを食べて満足な気分になって、大宇陀の街を離れた。

diary_191102080.jpg

大宇陀から桜井駅に行くバスはもう終了していて、榛原駅に行くバスに移動。

榛原駅周辺はお祭りをやっていて、各町内の神輿が回っているのを見ることができた。

 

こうして、長い距離の多い移動の2日目はこれにて終了。

3日目は飛鳥方面に行きます。

 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019.11.02 奈良京都旅2日目(2) 安倍文殊院・大神神社 [国内旅行]

室生寺から桜井まで戻ったものの、駅から次の場所へ向かうバスがちょうど無くて、タクシーで移動することにした。


diary_191102031.jpg


タクシーで10分ほど(途中渋滞あり)、料金1030円で向かった先は、安倍文殊院。


駐車場がある境内の裏側から入った。


 

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -